肥満と炎症のお話

肥満と歯周病は強く関連する

美容経済新聞 オンラインより

肥満と歯周病の関連について「British Dental Journal」に掲載された。

肥満と歯周病の関係は共通項の「炎症」が重要となっている

微弱の全身性炎症の発生に寄与する脂肪組織由来のサイトカイン

脂肪組織とサイトカイン

以前から、脂肪細胞と炎症との関係は聞いたことがありました。

が、色々見ていくと結構と相関がありそうですねΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

米国国立医学図書館 国立衛生研究所 データベースより

肥満、炎症、食事

肥満の主な特徴である脂肪組織は、エネルギー貯蔵で、不活性組織と見なされていました。

しかし、現在では、免疫や炎症を含む、活発な組織として認識されています。

脂肪組織は、抗炎症性または炎症性サイトカインを生成および放出します。

脂肪組織によって産生される炎症誘発性分子は、2型糖尿病や心血管疾患などの代謝性疾患の発症に積極的に関与していると考えられています。

ゲーーーッ😨

長生きの人に、体内の慢性炎症が少ないっていうのは、よく聞くけど💦

サイトカインは、感染、免疫反応、炎症、および外傷に対する反応です。いくつかのサイトカインは病気を悪化させるように作用し(炎症誘発性)、他のサイトカインは炎症を軽減し、治癒を促進する(抗炎症性)働きをします

今日はここまで、また色々みて、レポートします。

パソコンの調子がおかしい‼️

ページ上部へ戻る